カテゴリ:まめちしき の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

DLC実力向上セミナー☆こぼれ話 2個目

かれこれ続きを書いてなかったですよね、こぼれ話。
今回は、法律に関する事を書くつもりなんですけどね。
難しすぎる…。そして、我が家のPCくらい重い!!
ついでに、必死でメモ取ったのに、読み返すと全く意味がわからない。

ってことでね、一緒に行った楓奈(ふうな)ちゃんのブログ、
はちみつのうずまきも一緒に参考にしてくださいな。

あとね、同じような事がちょっと前、「にこにこ」の生放送でもやってて
そこで言ってた内容も交えて書いていきます。
こっちもまた、難しい内容でしたよ、頭が痛くなった…。


現在、日本の国では犬猫関係を一括で面倒見る部署ってのがないそうです。
ヒトもうつる可能性のある犬猫の病気とかは、厚生労働省で、ヒトにうつる
病気以外は、農林水産省、それ以外の法律関係とかは、環境省だったりと、
それぞれ内容によって、ばらばらに管理されています。


かなり以前にあった『動物の保護及び管理に関する法律』は、2000年12月に
法改正され、『動物の愛護及び管理に関する法律』 (以下動愛法)と名前も
変わり、動物は、命ある固有のものという考え方に変わりました。
それからは犬猫の殺処分件数も減少傾向にあるけど、まだまだ少ないとは
言えない現状です。
業者からの持ち込みが、かなりの数のようです。
にこにこでは、業者名出てましたけど、ここでは書きません。

動愛法は、6年に一度法改正が行われます。
ちょうど今年2011年が法改正の年にあたります。

議題として挙がっているのが、
夜中までぶっ通しで営業しているペットショップの抑制とか
生後8週齢に満たない子犬の販売を禁止するっていう案が出てるそうです。
あくまで現段階ではまだ議題ですよー。
決定ではないですから、お間違えなく。

何だか松野さんとか、小沢さん辺りが頑張ってくれてるらしいですよ。
でも、これに対しては、反対署名とかまで出てきて、一筋縄では
行かない様ですけどね。
どちらにしても、動物を守るしっかりとした法律を作ってほしいものです。


殺処分は決して安楽死なんかじゃないから!!


地域によっては、獣医師による注射で安楽死をさせている所もあるそうですが、
生きようとしている動物を人間の都合で殺してしまう事は、どんな方法をとろうが、
それは安楽死なんて呼べないです、おかんはね。


愛護センターのレベルも県によってかなりばらつきがあるみたいですが、
おかんのブログを見てくれている、愛媛県の方々!
愛媛県の愛護センターはかなり、頑張ってくれてるようですよ!

あとね、日本で初めて、神奈川県に殺処分機のない愛護センターが出来るそうです。
これは出来上がったら、一度見に行きたい。
きっと、勉強出来る事がいっぱいあると思うから。


てな感じで、最後に明るい話題持ってきときました。
大事な事なんで、何度も何度も読み返して書いたんですが、大丈夫かな…。
今回は重い話だし、難しいし、字だらけで読むのもしんどかったですよね。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

スポンサーサイト

ドッグフードの正しい保存方法って?

せっかくブログのお引っ越しまでして意気込んでいたくせに、相変わらずの
カメ更新です。ごめんなさい。

さて、こぼれ話を、こぼしまくるつもりでしたが、ちょっと話それます。
いつもおかんのブログを見ていただいている、こはるちゃんのママyukiさん
から、フードの保存方法についてのお話がありました。

今まで我が家では、ドッグフードは密閉容器に入れ替えて冷蔵庫で保存しており、
マイロに食べさせるときは、すぐにそのまま与えています。
水分含有量が少ないドライフードですから、常温に戻したりなどはしてません。

チワワ飼いなので、一番小さいサイズでもひと袋食べきるのに、賞味期限を過ぎて
しまいます。それなら冷蔵庫に入れていた方が・・・という考えだったのです。

yukiさんから、ドライフードを冷蔵保存すると、常温に戻った時に酸化が進む、
いう情報をネットで見た事があると聞き、どうなんだろう?と気になりました。

冷蔵保存に関しても、おかん自身も本当にそれが正しい方法だ、と言われたわけではなく
あくまで我流だったもんで・・・。

フードに関しての専門知識は、メーカーに聞くのが一番でしょ!と思い、直接問い合わせて
みる事にしました。ちゃんと答えてくれるのか、心配だったんですけどね。
お客様専用ダイヤルとかではなかったので。


いろんなメーカーに問い合わせてみたかったのですが、今回はおかんとマイロが
長年愛用している、キャスターアンドポラックス社の 『オーガニクス』
というフードの日本の卸しの会社に直接、電話をかけてみました。
製造元はアメリカです。

おかんが投げかけた質問は・・・。

ドッグフードの保存方法を教えて欲しいのですが最近夏は猛暑で台所の気温が
異常に上がる上に、我が家はチワワですので、1袋完食するのに7週間は
かかります。通常賞味期限が5週間が目安と明記されているので、品質保持のために
我が家では、冷蔵庫で保存でしています。ドッグフードの冷蔵保存をすることは
なにか問題がありますか?


という感じで聞いてみました。



☆オーガニクスの卸し会社の回答☆
賞味期限の目安は、かなりの劣悪な環境にさらされている状態で、テストをしています。
なので、普通の状態での保存方法なら、多少賞味期限を過ぎても問題はありません。

逆に冷蔵保存がいけないわけではないが、脂分がフードの表面に浮き出てくる恐れがあり風味を
損ねてしまう場合があります。
愛犬の事を考えて、冷凍保存をしてそれをレンジなどで解凍をしてから与えている方もいると
耳にした事もありますが、その方法ですと逆に酸化を進めてしまいます。

基本的には、常温で保管することを前提に賞味期限を設定していますので、冷蔵庫に入れ
なくても夏の間、直接日の当らない場所であれば、常温で置いてもらっていて問題はないですし
常温保存してもらっていて、今まで、問題があった事例は一件もありません。



とのことでした。

回答はそれぞれのメーカーによっても多少違うと思いますが、ドライフードに関しては、
密閉した状態にしておけば、冷蔵保存より、常温保存のほうがベストかな?と感じました。

ウエットフード、半生、手作り食の場合は、また条件も変わってくると思いますが、
ドライフードに関してはこんな感じの答えを頂きました。

皆さんも気になっている方は、メーカーに直接電話で聞かれてもいいと思いますよ。
思いのほか、とても丁寧に答えをくれるって事もわかりましたし。


ってことで、セミナーのこぼれ話からそれましたが、お悩み内容や、質問内容によっては
共有できるようにしていきたいので、こんな感じで書いてみました。

次回はこぼれ話にもどりまーす。









DLC実力向上セミナー☆こぼれ話 1個目

はいはーい!
お待たせいたしました。

先日お伝えしていたこぼれ話、はじめまっすぅー。
いっぱいこぼしていきますよー!!!



これは、セミナーが始まって、先生の一番初めのお話でした。
先生が、私たちの資格取得者や相談者さんと話をすると、必ずっていうほど
こう言われるそうです。


うちのわんこはかけがえのない家族だと思って接しています~!!
うちの子の事はよくわかっています。



うん。
ふむふむ。あたしも、そう答えるよ、きっと。
で、先生はその後にこう続けるそうです。


よく観察されているようでいいですね。
でね、あなたの家族であるわんちゃん、利き足はどっちですか?



・・・・・・・・・・・・。
知らん・・・。



皆さまはご存知でしたか?



わんこにも、利き足があるそうです。
散歩に出る時や、歩きがスタートする時、初めに前に出る足は毎回ほぼ決まって
いる、との事でした。


今、マイロの足をいつも見て利き足を見極めています。
でも、後ろ足の脱臼のせいなのか、歩きだす瞬間、2,3歩ちょこちょこっと小刻みに
歩いてから、普通の歩きになるので、なかなか見極めが出来ません。


でもね、利き足を見極める以前に、マイロが歩きだす時、始めにちょこちょこっと、
足を動かしてから歩きだすというしぐさ自体、おかんは今まで気づいていませんでした。
もう4年以上一緒に過ごしてるのに。
まだまだあたし、観察が足りていないなぁ・・・と思った今日この頃です。


みなさんのわんこは利き足どっちなのかな?
人間と同じでやっぱ、右利きのほうが多いんですかね?
統計とったら面白いかもしれないですね。


こんな感じで、『家族』というものの
本当の意味を皆さんと一緒に考えていきたいと思いまーす。

次回もまた盛大にこぼしますよー!
よろしくお願いいたしまっすぅ~。


DLC向上セミナー☆こぼれ話 0個目

楽しかった大阪生活も終わり、お家に帰ってきて数日たちました。
一週間近く、何もしてない日々を送っていたんで、家事するにも要領がとても悪い!
何事も、いったん離れると上手く出来なくなりますね。
困ったもんです。


さて。
以前にも書いたドッグライフカウンセラー実力向上セミナーに行ってきました。
東京は20名ほど参加があったそうですが、大阪は7名のみでした。
関東より関西のほうが認定者が多いそうなのに、なぜ?


まぁ、それはさておき。
いい話持って帰ってきてますので、一個づつ紹介していきます。


今回お話を聞いた、ボスの三浦代表。
この方は、犬という動物を本当に家族として見ている方でした。


勿論これを読んでくださっている方々もそう思っていらっしやいますよね。
おかんもマイロはかけがえのない家族の一員ですよ!って自信を持って言います。




しかーし!!



私なんか、全然甘かった!
カウンセリングに関してもまだまだ甘いと実感しましたが、それより何より、
そもそも家族としての認識が甘い!!



これだけ言うと、ただの犬バカに見えるかもしれません。
要はね、まだまだ愛犬に対しての観察が足りてないな、と実感したんです。


bO7ac.jpg



こんな発見と反省を小分けに書いていきますので、よろしくです。
今回はエヴァ新劇場版でいう「序」みたいなもんです。

次回よりこぼれ話 1個目を開催いたします。
どうぞお楽しみにー!!



家では出来るのにー!ってことありません?

さてさて。
さっそくですが、おかんのまめちしき書きますー。
飼い主さんからご相談を受けていて、よく耳にしますが・・・

☆うちの子、家では出来るのに外に出るとできないのです。

室内飼いの場合、「おすわり」とか 「ふせ」とか 「まって」の練習って、基本的には
お家の中で行いますよね?
わんこはこの指示を覚えると同時に、周りの景色を一緒に覚えます。

わんこからしたら、お家での「すわれ」と、お外での「すわれ」は全く
別もんなんです。景色が違うから。

なので、これを解消するには・・・
カンタン。お外でも同じ練習したらいいだけ。


では図解。w 
「すわって」のみの練習例です。

znKkD.jpg

(今回おやつ使ってます。)

「すわって」が出来たら、同時に飼い主さんを見るように教えます。
アイコンタクトが出来ると、信頼関係が出来て、ほかの練習も入りやすくなります。

わんこの世界で「目を合わせる」という行為は、とても危険な事。
だから、この人は大丈夫って信頼してる人にしか、目を合わせないと言われてます。

IGFuT.jpg

上手にできたらおやつ。そして同時に誉めます。
指示出した後、大体3秒以内ですわるのが理想です。

おやつ使う場合、与えすぎ注意。
慣れてきたら、おやつは練習5回につき1回の割合くらいに減らします。
あくまで声で教えて行くのが基本です。

20OZH.jpg

ほんとこれだけ。繰り返し練習するだけです。

外で落ち着きがなくなっちゃうわんこにも効果的な練習かな?と思います。

しつけの方法って星の数ほどあります。
これはその中の一例です。

大切なのは、個体に合ったしつけ方法を飼い主さんが、探してあげる事。
そのお手伝いとなれば、幸いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。